2014年12月アーカイブ

車売却の方法には、オークション代行があります。やはり高く売却できる可能性が大なのが、その方法のメリットですね。買取店よりは高く売却できる事も多いため、代行業者に依頼する事を検討している方もいらっしゃるでしょう。

ところで代行業者は、非常に数が多いです。その中から自分に一番良さそうな所を選ぶ必要がありますが、それには幾つかのポイントがあります。その1つは、出品表と呼ばれるものです。

そもそもオークションに出品をする際には、その書面に対して記載をしなければなりません。それは業者が記載をするのではなく、依頼主本人が記載する事があるのです。

そして出品表は、色々とルールがあります。中には書いてはならない言葉もあるそうですね。
オークションの業者から顧客に対してその書面が渡される訳なのですが、きちんと書き方を説明してくれるかどうかが大きなポイントになるでしょう。例えば上記の書いてはならない言葉に関しても、そもそも業者が知っているか否かが大きなポイントです。具体的にどのような言葉を書いてはいけないのかを知っているのであれば、その業者に依頼をしても正解だと思います。

しかしそもそもその事実を知らない業者であれば、ちょっと依頼をするのは控えた方が良いと言われています。つまり「きちんと丁寧に説明をしてくれるか否か」が大きなポイントになる訳ですね。

考えてみると、それは車買取業者を選ぶポイントの1つでもあります。買取業者は顧客に対して査定額を提示してくれますが、その論拠も丁寧に説明されるかどうかは大事なポイントでしょう。理由がよく分からないのに売却をするよりは、やはり明確な理由が分かっている方が安心できるからです。オークション代行業者も、それは同じという訳ですね。

車買取の情報をネットで調べてみますと、オークションではトラブルが発生しやすいと言及されている場合があります。トラブルの事例は色々とありますが、その1つは入金に関するトラブルです。現にある日に、トラブルが発生したようです。

ある質問サイトで見られた内容だったのですが、どうも入金されなかったようですね。質問者はオークションで車を売って、無事に落札されたそうです。問題はその後でした。車を相手に引き渡した後に、お金が振り込まれなかったようですね。それでとても困っているのだそうです。しかもその方の場合は、裁判を検討しているようです。弁護士に依頼をしようと考えているのですが、それは何円程度かかるかという質問が投稿されていました。

弁護士に相談する事まで検討している位ですから、相当ご立腹なのでしょう。その費用に関しては、ホームページで確認はできると思います。法律相談に関する情報サイトなどもありますので、そこで確認をしてみるのが良いと思いますね。

ただ上記の質問者の場合は、ちょっと失敗してしまっているかと思います。なぜなら、お金が振り込まれる前に車を渡してしまっているからです。
この場合、順番が逆ですね。あくまでもお金が振り込まれた「後」に、車の引き渡しをする方が良いと思うのです。そうでないと上記のようなトラブルになってしまうでしょう。

何せオークションの売却では相手が個人になりますので、色々と防止策を考えておくのが大事ですね。そのためにも、書面などを作っておいた方が良いと思います。「何月何日までに振り込まれなかった場合には、落札はキャンセル」などと明記した書類を作っても良いと思います。
このようなトラブルが発生する可能性があるのが、オークションの難しいところですね。トラブル防止の為の知識が必要になるのが、ネットオークションでの車売却の特徴です。